危険な蜂に子供が刺されたら!蜂の巣駆除の撤去と応急処置法

アフターサポートも充実!

刺されて大怪我をする前に専門業者に依頼しておけば、ハチの恐怖から逃れることができます。もちろん、蜂の巣もスピーディーかつ安全に駆除してくれるから安心ですよ。"

針抜き

最近では、蜂の巣を駆除した後にハチに刺されてしまうという人が増えています。撤去した後に戻ってくる「戻り蜂」に殺虫剤を散布すると、攻撃されることが多いのです。
戻り蜂は興奮しているため、下手に殺虫剤などで対応すると反撃される恐れがあります。駆除業者は粘着マットなどを設置するので、このような戻り蜂も安全に駆除してくれます。

毒を洗い流す

子供と遊ぶときは、ハチに刺されないように気をつけた方が良いです。自然が多い所はもちろん、都心部や住宅街でも飛び回っていることが多いので注意しましょう。もし子供が刺されてしまった場合は、応急処置を行なうべきです。

薬を患部に塗る

ハチに刺された場合、刺された患部にハチの針が残っていることがあります。針には毒の袋がついている場合があり、そのまま残していると腫れや痛みがさらに深刻化する場合があります。針が残っていた場合は、毛抜きなどを使って慎重に取り除きましょう。
スズメバチに刺された場合は針が残ることはほぼありませんが、もしも針が刺さったままになっていれば危険です。毒を押し込まないよう、直接手で取り除くことは避け、毛抜きなどで除去しましょう。

病院に行く

針を取り除いた後は、患部から毒を絞り出しながら水や石鹸で洗いましょう。ハチの毒は水に弱いので、およそ5分間洗い流すことで効果が得られます。毒を絞り出す場合は患部の周囲をつまみ上げ、毒を出すようにしましょう。口で吸い出すような方法はかえって毒が体内に入る可能性があるため厳禁です。